婚約指輪が必要とする考え方とは?

女性ならば誰もが憧れる婚約指輪。中には結婚指輪との区別がついておらず、混同してしまっている人もいます。また、「わざわざ2回も指輪をあげる必要なんて無い」と思う人もいるため常に婚約指輪が必要かどうかは議論の的になりますが、それぞれの指輪の意義を知ることで「婚約指輪は無駄だ」とする人の考えが改まる場合もあります。 結婚指輪とは夫婦二人で末永く暮らしていこうという『誓いの指輪』であるのに対し、婚約指輪とは即ち結婚に応じてくれたことを喜ぶ『感謝の指輪』だと言えます。つまり、これらの二つの指輪は全く意味合いが異なるものであるため、より結婚を大事にとらえるのであれば双方とも必要であるという考えに至るのです。

婚約指輪は本当にいらない?

結婚指輪は日常的に装用することを前提としているため、シンプルな作りで金額も抑え目です。 それに対して、婚約指輪は感謝の気持ちを表すため、より豪華で華やかになるのが一般的です。従って、日常的に身に着けておかれるということは滅多にありません。そのため女性の方から「必要無い」と婚約指輪を贈られることを断ってしまう場合があります。 しかし、昨今では婚約指輪を日常的に身に着けられるよう、結婚指輪に改修するサービスが盛んに行われるようになってきました。感謝を誓いに昇華させる象徴的行為と位置づけられることから、結婚指輪への改修を前提として婚約指輪を作成する場合もあるほどです。つまり婚約指輪は、結婚により深い意味合いを与えてくれるツールとして認識されてきているのです。プロポーズする前に、その必要性を今一度熟考してみるように心がけましょう。

結婚指輪を銀座で選ぶことにより、海外の高級なブティックで流行のデザインのリングを購入しやすいこと等が挙げられます。